【北日本放送】新社長に瀧脇俊彦氏が就任、横山哲夫氏は勇退

 北日本放送(本社富山市)では横山哲夫社長が勇退し、新社長に瀧脇俊彦代表取締役専務が昇格した。6月18日付け。

 横山氏は地元新聞社勤務を辞して1987年6月に入社以来在籍32年、2000年3月から19年間社長を務めた。「放送業界を取り巻く環境は激変している。この変化に対応すべく当社は変わる時が来ている。是非とも変わってほしい。それにはトップがまず替わることが一番だと考えてきた」(横山氏)思いがあり、今回、トップを瀧脇氏に譲り、経営の刷新につなげたいとした。

 瀧脇氏は1953年10月富山市生まれ。77年早稲田大学教育学部卒業と同時に入社。2001年6月東京支社長、03年取締役東京支社長、2007年に代表取締役専務営業本部長、15年から同業務本部長を務め、社長就任後も業務本部長を兼務する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です