【ゴールドウイン】世界最大のスポーツ見本市で女性用スキージャケットがGold Winner受賞

 ゴールドウイン(本社東京、本店小矢部市、社長西田明男氏)が展開する「Goldwin」ブランドの女性用スキージャケット「G-Fides Jacket(ジーフィーデスジャケット)」が、世界最大級のスポーツ見本市ISPOが主催する「ISPOアワード2019」でGold Winnerを受賞した。

 ジャケット(7万5000円)は、アウター素材に防水透湿性に優れたGORE-TEXを、インナー素材に同社が環境負荷低減を目的に回収している羽毛を精製し、独自技術のシェイプドバッフル構造を用いた新たな製品として利用する「グリーンダウン」を採用。アウトドアイメージの強いGORE-TEXの機能性に女性らしいデザインを融合し、顔回りを包み込むボリュームのあるフードやシュプールラインを描いたフラップポケットなど、女性らしくエレガントに仕上げた。

 同アワードは、世界50カ国以上、約2,800のブランドが出展するスポーツ用品の国際見本市。商品のコンセプトやデザイン、技術、環境への配慮などの項目について厳正な審査のもと優れた商品に贈られるもので、G-Fides Jacketはスノースポーツ部門のアウターレイヤー(2レイヤー)カテゴリーで獲得した。Goldwinは昨年、アウトドア部門ダウンレイヤーカテゴリーでフーデッドダウンコート(HOODED DOWN COAT)がGold Winnerを受賞しており、2年連続の受賞となった。

 2月3日から6日まで開催される「イスポ ミュンヘン2019(ISPO MUNICH 2019)」で同製品を展示、そのほかスキーウエアを中心に約300点を出展し、海外での事業展開とオリジナルブランドGoldwinの強化をアピールする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です