【不二越】新社長に坂本淳取締役が8人抜きで昇格

 工具、ベアリング、産業用ロボット大手、不二越(本社東京、事業所富山市)の新社長に坂本淳取締役経営企画部長が昇格する。2月19日開催予定の定時株主総会後の取締役会で決定する。薄田賢二社長は特別顧問に退き、取締役も退任する。

 坂本氏は1964(昭和39)年10月10日上市町生まれ。日本大学商学部卒業。1987年4月不二越に入社し、2010年2月経営企画部経営管理室長、15年2月執行役員経営企画部経営管理室長、17年2月取締役に就き、経営企画部長組織・人事・教育担当広報担当・情報化担当を務める。この間、長期ビジョンの立案・経営戦略などの策定に携わってきた。

 今回、社内序列8人を抜いて最年少社長の誕生となる。富山県出身者が同社社長に就くのは、1993年~98年に務めた故本多正道氏以来。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です